愛 宕 石 坂 ( 男 坂 )

 
                                                  
坂下から見た愛宕石坂(男坂) 坂上から見た愛宕石坂(男坂)
愛宕神社 将軍梅
左が神社境内に
ある「曲垣平九郎
手折りの梅」

坂は、 愛宕山にある愛宕神社へ上る正面の急な石段です。 階段数数えて85段、 階段の幅は約20cmほどで、石段の両側に手摺りと中央部に鉄鎖があります。上の写真でお分 かりのとおり、坂上からの方がより急勾配に見えます。実 際に上り下りしてみて、下りの方が神経を使いました。
坂上にある愛宕神社は、 慶長8年(1608)徳川家康の命により、江戸の防火の神様として祀られました。 主祭神は、
火産霊命(ほむすびのみこと)です 境内に「将軍梅 平九郎手折りの梅樹」と書かれた立て札のある梅があります。これは、 終戦前後ぐらいまで講談で語られた「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎の故事に因むもので、 次のように、云い伝えられています。
三代将軍徳川家光が、芝の増上寺参詣の帰り愛宕神社の下を通った際、神社に見事な梅が咲いているのを見て
 馬に乗って梅を取ってくるよう家臣に命じました。 石段が急勾配のため皆がしり込みをしていたところ四国丸亀藩の曲垣平九郎が馬に乗って石段を上り降りし、 梅を家光公に献上したとのことです。 平九郎は、家光公より 「日本一の馬術の名人」と贊られ、全国にその名が知れ渡ったと伝えられています。 このことから、 愛宕神社正面の石坂(男坂)を「出世の石段」とも呼んでいます。
愛宕山には、 NHK放送博物館もあります。
(2003.2.14撮影)
                      

             〇 所  在  地    港区愛宕1−5 
             ○ 交     通 
   東京メトロ日比谷線神谷町、
                           都営地下鉄三田線御成門

             home  地図へのリンク    



∽∽  このホームページ上の写真は、掲載者が撮影したものです  ∽∽